2017年12月28日

2017年、年末のご挨拶 



今日で仕事納め。
仕事場の大掃除をやっと終えました。
あとは年賀状を書きを残すのみです。
------

今年も多くの方にお世話になりました。
あらためてお礼を申し上げます。
また下記の期間お仕事はお休みとなります。

【年末年始休暇】12/29(金)〜1/3日(水)

それでは良いお年をお迎え下さい。

-------

20171228.jpg

20171228_2.jpg

posted by kohei at 23:24| Comment(2) | 日記

2017年11月30日

iMac使用後3ヶ月〜その2


次は少ないですがマイナス点を。

FusionDriveは時にモタモタする
概ね満足のFusionDriveですが、頻繁に使わないハードディスクデータにアクセスする際に少し待たされることがあります。
そこまでストレスを感じませんが、一瞬「?」という感じですかね。
--------
・追記
【システム環境設定/省エネルギー/可能な場合はハードディスクをスリープさせる】のチェックが標準設定はオンになっていますが、反応が遅れるのはこれが原因のようです。チェックを外してオフにすると解決します。

マウスの「つかみ」判定があいまい
デスクトップ上のフォルダー移動、ファイルを指定してのダブルクリックなど、マウスのポインタを指定してこれらの動作を行いますが、それが失敗する(ちゃんとポインタで指定されていない)ことがよく起こります。

ダブルクリックしているつもりなのにファイルが無反応・・という具合です。
これはかなり頻繁に発生するので、制作中だと仕事のリズムが狂ってしまい困りますね。

接続が背面のみは不便
iMacはUSBを含めた接続用インタフェースはすべて背面。
デザイン重視なので仕方ありませんが、やはり不便です。

モニターの高さ調整ができない
当初不満だったモニターの高さはある程度慣れました。
でも調整機能はやはり必須。
何とかしてよ、アップルさん。
---
使用して約3ヶ月。
結論としてはiMacはホントいいですね。
もし購入に悩んでいる人がいれば参考にしてもらえればと思います。
タグ:iMac
posted by kohei at 15:45| Comment(0) | Mac

iMac使用後3ヶ月〜その1



iMacを仕事で本格的に使いだして3ヶ月。
これくらいの期間使い込むと購入当初とは違う面も見えてきます。
購入を検討されている方の参考になれば・・と、今回は仕事で使う中で特に印象に残ったポイントを紹介したいと思います。

高繊細ディスプレイ(5k)の効果
Retinaディスプレイにしたお陰で、自分の絵の「粗(あら)」が良く分かるようになりました。
今まで使っていたモニターでは見えなかった粗も5kではクッキリと見えます。
以前のモニターはまるでピンぼけように感じますね。
細かい「粗」が分かるので絵の仕上がり品質が2割増しになった感じです。

そして電源ONですぐに輝度が正常値近くになるのも助かります。
正常な色を画面表示させるに通常は20分程待たないといけませんから。

また購入前に気になっていたグレア液晶による画面への映り込みも、それほどでもありませんでした。「周囲の像の映り込み」は特に制作中の邪魔になるのでポイント高いです。


本体がほぼ無音
制作でCPUに負荷が掛かると温度上昇は瞬間的には70度近くになる時もありますが、ファンが回転する音を聞いたことがありません。

僕のiMacはFusionDrive仕様なのでハードディスクが搭載されていますが、この回転音も聞こえたことは皆無。iMac本体から耳障りな音が一切聞こえず制作に集中できるのがとても有り難いですね。

ちなみにサンプルとしてiSatというモニタリングソフトで測ったiMacの各種数値がこちら

消費電力はテキストを打つくらいなら60Wを切るくらい。
以前のMacProと比較して素晴らしい省エネぶり。
大まか言って1/3程度の低消費電力です。


付属の純正Magic Keyboard(テンキー付き)が良い
iMac購入時に付属する純正キーボード
コレすごく良いです。

keyboard.jpg
まずタッチがとても浅く、打ち込むのに指の力があまり必要としません。
MacBookの浅いキーボードと似たタッチ。
仕事上ショートカットキー多用で指の関節を酷使し続けた結果、今では関節の動きが渋くなってしまいました。
そのため昔のような深く押し込むタイプよりも、関節の負担を軽減してくれる浅いタッチのキーボードの方が助かるのです。

さらに内蔵バッテリーの持ちが最高。
8月末に100%充電をして、いま内蔵バッテリーが残り39%の表示。
3ヶ月ほぼ毎日8時間以上使用してこの残量はビックリです。
キーボード自体かなり薄く、どこにバッテリーがあるの?という外観なんですけどね。
--------

つづきます!

タグ:iMac
posted by kohei at 14:55| Comment(0) | Mac